ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル感想
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ウルトラギャラクシー大怪獣バトル、行けーゴモラ、リトラ、エレキング! | main | ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・ピンチの時に・・・。 >>

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・最後の決戦は覚醒へ

激突!ゴモラvsゼットン
棺桶のジョー - 2008年02月17日 (日) 17時11分

 皆様こんにちわ、大怪獣バトル、第12話「レイブラッド」を見ました。何といっても、ゴモラとゼットン、初代マンの最強怪獣2匹の激突が素晴らしい!パソコンの画面に釘付けになりました。ゴモラは尻尾があれば、最強の初代マンを圧倒できる、肉体派の怪獣、ゼットンは、飛び道具を駆使して初代マンを倒した怪獣、まさにドリームマッチです。双葉山と大鵬の土俵みたいなものです(意味分かりますか?)。しかし、飛び道具の基本的にないゴモラに、飛び道具を駆使するゼットン、こんなスリリングなバトルはちょっとなかったです。ゼットンは、初代マンを倒すための生物兵器という位置づけもあり(それゆえ、科特隊には弱かったので、ゼットン星人は先に科特隊を破壊した)、微妙ですが、肉体のみなら双方は互角なはずです、意味合いも、魅力的でした。
 さらに、救援部隊を撃破するキングジョー、そして、ボリスの危機と、この手の辺境ものにあるパターンながら面白いです。
 最終回、楽しみに見ます。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ultragalaxy.web-reigo.com/trackback/504826
この記事に対するトラックバック