ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル感想
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・第9話感想その2かしら? | main | ウルトラギャラクシー大怪獣バトル、僕、エレキング。 >>

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・第9話感想リムのしっぽ

レイゴも浮上で。笑

第8話で、渋谷Pがご出演というお話を聞いた瞬間、レッドキングの岩の中にいらしたんですか?と聞いた管理人です、こんにちは。

コニタン、着ぐるみ説もありますが、おぃ。

第9話は、リムエレキングが登場しました、リムが出現したときのレイの表情は、それはそれは、不思議そうでした。何故?もしや、あのバトルナイザーには何かの意思が働いているのでしょうか。

カメラワークとカット割りは芸術的。
ストーリーはハードでシリアス。

俳優の表情も巧みで、優しさの中にも、緊張感があり、CGもパンチが効いています。
ペンドラゴン、ギリギリの浮上、ギリギリの発進や旋回。
やはり分かっていても手に汗を握ります。

"限界"というものに果敢に挑んだ作品展開は、ファンのハートを揺さぶる。

行け、エレキングッ・・・・クセになりそうです。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ultragalaxy.web-reigo.com/trackback/489120
この記事に対するトラックバック