ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル感想
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・6話感想そのラスト | main | ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・第7話感想その2かしら? >>

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・第7話感想その1

第7話を見ました
棺桶のジョー - 2008年01月12日 (土) 21時32分

 皆様こんばんわ、明日からまたペギラの襲来です!ペギミンHをください!
 大怪獣バトル第7話を見ました。僕の贔屓の村石監督の演出で、今回は凝った仕上がり、メビウスでもそうですが、過去のウルトラシリーズを知っているとより楽しめる(過去の作品も見たくなる)もので、今回はブルトンの演出、あれ、CGでしょうか?いや、あそこまでCGで出来るとは驚きです。もちろん、怪獣着ぐるみの殺陣も素晴らしいです。村石監督の特技演出、平成ウルトラでも着ぐるみ立ち回りは素晴らしく(キリエロイド2代目、イーヴィルティガ、ゴルザ2代目など)、CGと実写の魅力を味わえました。そしてドラマも深いです。
 ただし、昭和怪獣と平成怪獣、出るのは光の国編に合わせても良かったかも知れませんが、様々な怪獣のドリームマッチなんて、昭和では絵空事(オリジナル小説、マンガのみの話です)だったので、時代も変わったと思いました。
 平成シリーズのみのファンの人は、どう見ておられますか?


- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ultragalaxy.web-reigo.com/trackback/476574
この記事に対するトラックバック