ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル感想
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・6話感想そのいくつか不明 | main | ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・クマノさんからのメッセージ >>

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・第6話感想その5?

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル第6話感想です
そのきち - 2008年01月06日 (日) 20時30分

レイゴ兄さん、皆さん、こんばんは。

第6話!
ケイトの言葉にも大して輪を乱されなかったペンドラゴンクルー(一部篭絡された方がおりましたが^^;)。
レイを信じ、そしてレイ自身もクルー達のことを考え、行動。
既にここまでの絆が!

ゴモラ、リトラ、ペンドラゴンクルーにレイの銃撃と、総力戦の様相を見せていた今回。
リトラって結構力持ちですね〜
ツインテールを持ち上げてしまうなんて!
ガンQがもう少しトリッキーに翻弄してくれるかとちょっと期待していましたが、怪獣体ではさすがにそうもいきませんでした。
ゴモラをその身の中に吸収したらどうなるんだろう、と考えたのですが、中から衝撃波ぶっ放されて終わりかな、とちょいと考えたり。
体内で目玉に嘲笑われたらキレて衝撃波の一撃でしょうからね。

いよいよ折り返し地点でしょうか。
13話で終わるには惜しい番組です。

それでは、失礼致します。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ultragalaxy.web-reigo.com/trackback/474444
この記事に対するトラックバック