ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル感想
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ウルトラギャラクシー大怪獣バトル | main | ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・第3話感想その2 >>

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル・第3話感想その1

ウルトラマン生誕40周年記念作品ウルトラマンメビウスのファンサイト
「メビウスベルト」に届きました、ウルトラギャラクシー大怪獣バトルの感想を速報配信いたしております。

みなさまのご感想などもコメントなどで、ご参加いただけば幸いです。


★webmaster(管理人)レイゴ - 2007年12月11日 (火) 23時21分

みなさんこんばんは

私の感想に制作スタッフの方からレスが届きました。笑

「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」の中の「不自然な画」はおそらくCGIの部分です。
膨大なカット数を処理していますから時間切れでやむなくというところです。

とのことです、作業には時間がかかるのですね。

★棺桶のジョー - 2007年12月15日 (土) 21時02分

 皆様こんばんわ、ペギラが増えたみたいです、ペキミンHが欲しい…
 大怪獣バトル、第3話を見ました。今回は怪獣のマニアックな設定と、人間ドラマが面白いです。まず、ネロンガvsグドン、どう考えても、帰マンをKOしたグドンが強い(ネロンガは電撃を放っても初代マンをびくともさせなかった)のに、逆とは…やはり、帰マンが初代マンより弱い設定に基づいています。そのネロンガ、透明怪獣の描写をCGにより上手く描いて、ラストのゴモラとの決戦も面白かったです。
 次回は帰マンの怪獣ナンバー1対初代マンのナンバー2の決戦、どうなりますか!

★webmaster(管理人)レイゴ - 2007年12月16日 (日) 14時17分

今回も怪獣バトル、拝見しました。
いやーなんだろう、面白い。

頭がからっぽで見られます。
今回も面白かった。なんだろうな、何が面白いのかな、とにかくウルトラマンが出てないのにウルトラマンゴモラという勢いが笑えるんじゃないですかね。

ゴモラの登場シーンなんかウルトラマンのそれでしたから。
土煙あげてどんだけぇ〜。みたいな。

レイモンがウルトラマンならこれで十分、新作として出せたものをもったいないことをしましたね。

最初は怪獣対怪獣でいいんですよ、そしてレイは戦闘ポイントを貯めて、アベレージを上げている、これによりレイモンに進化をするということなのでしょうか、これがウルトラマンとして出れば無問題でしたね。

怪獣を狩るということがウルトラマンの本能だとしたら、かなり強烈な作品になれたと思います。

ケダモノが生きるために他の生き物を狩るように、実はウルトラマンのその力は、怪獣を倒すことによって装填されていた・・・。と。



- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ultragalaxy.web-reigo.com/trackback/456703
この記事に対するトラックバック